新幹線126-3200形の車掌室部分

JR西日本では、100系の短編成化に伴い、6両編成(K編成)の4号車となる車両の博多側ドア部分の座席を2列(窓1枚分)撤去して、代わりに車掌室を設置した。この改造を施された126形は、新たに3200番台を名乗っている。


車掌室部分を下り線側から見たもの。


同じく上り線側から見たもの。

2003年7月22日撮影;撮影地・博多(2枚とも)


※参考・・・100系6連・4連 編成図

6連(K編成)

1号車
121-5000
2号車
126-3000
3号車
125-3700
4号車
126-3200
5号車
125-3000
6号車
122-5000
←博多南・博多                       新大阪→

・1号車121-5000は121-5050、6号車122-5000は122-5050の場合あり。(それぞれ125-3000、126-3000の先頭車化改造車)
・3号車125-3700は125-3750の場合あり。(125-3800の機器と125-700の車体を合成した車両)
・パンタは2号車と6号車に搭載。

4連(P編成)

1号車
121-5000
2号車
126-3000
3号車
125-3700
4号車
122-5000
←博多南・博多           姫路→

・1号車121-5000は121-5050、4号車122-5000は122-5050の場合あり。
・3号車125-3700は125-3750の場合あり。
・パンタは2号車と4号車に搭載。

BACK

inserted by FC2 system